浮草の謡

ぷらぷらと行き続ける俺様が日々想った事をここに綴ります。

従軍慰安婦について

別に今更書くほどのことでもないけど

100年ぐらい前までは特にヨーロッパの方で軍の略奪がよく問題になっていた
勿論指導者のカリスマが高ければモラルが高く強い軍隊というのも存在する
だが往々にして強い軍隊はその分略奪や強姦が酷い

略奪や強姦を軍法で止めればどうなるか、士気が落ちる
士気が落ちればどうなるか、軍が負ける

略奪や強姦がされればどうなるか
被害受けた都市部が疲弊する、場合によっては都市ごと放棄される


まだ、戦争が何年にも渡り、軍が人と馬で構成されていた頃の話だ
今は短期決戦になり機械兵器が多くなりそういった要素も少なくなっていることだろう


略奪や強姦はして欲しくないがモラルを上げられるような要素がない場合
手っ取り早いのは娯楽を充実させることである、従軍慰安婦だ
別に春を売るだけじゃない、歌謡や、曲芸もある、がやっぱり売春が一番単純でわかりやすい

従軍慰安婦がいれば軍隊は統制がとれるので市民からも望まれてできた制度だ
ただ、そういう歴史があった、それだけのことだ
今の常識では到底受け入れられない事実だが、当時は非常に有効だった

慰安婦自体は時が進むにつれて高待遇になっていった
文化が進んで、なり手がいなくなれば需要と供給の問題だ
高待遇になればブローカーや貧乏な親が子供たちを無理やり慰安婦にして搾取した
その辺りは日本でも行われてたし今でも世界の何処かで行われてることだ
それに関しては心が痛む

発言することで、それを肯定しているのかといえば、そうなのかもしれない
人類最古の職業は売春婦だし
日本軍が慰安婦を連れていた事については、必然だったから、だ

ただし、現代の何処の国においても、もう二度と繰り返されてはならないことだ
今は従軍慰安婦が必要な戦場も戦争もない、そう信じている
現代の従軍慰安婦については否定をする、イラクの収容所でセクシャルハラスメントが起きた件などありえないことだと思う

慰安婦についてどう思うかは個々の判断だろうけど
そういった事実があったことについては否定をしないでほしいなって思う
無論否定をされた所で歴史はなかったことにはならないが

過去の歴史について女性がどう感じるのかは、残念ながら僕は男性だからわからない
風俗嬢も好きで商売をしているのか嫌いなのかの判断もつかないし、AV女優なんかも同じだ

ただ、綺麗な子は好きだし大きなおっぱいも好きだ、それだけだ

Amazon kindleで買った本を見開きで読む方法

kindle 買ったんスよ、日本発売と同時に
んで、適当にエロ本1冊かって、オススメされたビジネス書買って読まずに放置してたんです

昨日たんぶらで流れてたんで気になって

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

のkindle版を11巻まで買って
なんで電子版なのに大して安くなってないんだとかぶちぶち文句言いつつ
kindle fire で読んでみたんですがー
やっぱミニタブレットだけあって小さい、特にこの漫画みたいに勢いで読む系の漫画には厳しいなーなんて思って

48a66b0e22eb70ee13d0dfa9837c75ca
そういえば以前自炊した漫画をPCで読んだようにkindleもPCで読めないのかなって思ってチャレンジしてみた

まず、kindle for pcってソフトが有るんですが日本のamazonには対応してない
(2013/05/13)

ただしAndroidのアプリからは日本のamazonで買ったkindle本が読めるので仮想AndroidのBlueStacksをインストールしてアプリをタブレットサイズにして全画面表示で読むと見開きのままぐりぐり読める
ってか思ったんスけどこれってはじめからBlueStacksつかってたらKindleFire要らなかったんじゃ…

ってことでやっぱり予想通り埃を被りそうなkindleです
ちなみに進撃の巨人ですが予想通りというか想像通りというか、面白いけどツッコミ満載で謎な漫画でして
そろそろ丸太島っぽくなりそうで逆に怖い漫画でした

頭上に想う人を戴冠す

比喩表現であるが、主に恋愛し初めにそのような感覚になる
中学の頃の初恋の時は特に酷く寝ても覚めてもその子の事を考えていた
これっぽっちも脈が無かったが、良い思い出だ

人であらば心に重大な欠陥がない限り、どんな人だとしても異性が気になり、恋愛したり、浮ついた気持ちになるのだろう
考えるに、それは彼女がいるだとか、家庭を持っている等の社会的習慣とは関係なく、純粋に生理的なものだと思う
昔はそれでも変に構えていた部分があったが、結婚してかなりの年月が経て、あまり女性に対しての抵抗感も少なくなってきたのを感じる、異性に慣れた

といっても僕は、恋愛経験も少なく、初めてまともに付き合った彼女とそのまま速攻結婚だったので、いまいち恋愛期間をしっかり楽しんだり、倦怠感に倦んだりすることも無くあっという間に年月が過ぎ、今に至る
それでも、10年も越えれば腐れ縁であると思うし、お互い相性のいいところと悪いところをはっきり認識して遠慮がない、これを倦怠期と言わずになんと言おうか

くっついたりひっついたり、求める心で焦れたり、離れる心に傷ついたりするドラマが好きなのでそういった提案もするのだが(ちょっと離れようよ、とか、少し離婚しようよ、また気が向いたら結婚しよう、とか、あまり本気ではないが)受け入れられるどころか検討されることもなく素気無く却下をされている
昔読んだ好きな漫画を参考にしてなのだが、とにかく理解はされず、そんな漫画を読んでると病気になるとか、作者は病気だとか、罵られる始末である、病気で結構、余計なお世話だと思う


表題の件であるが
仕事はそれほど出会いがあるわけでは無い、が、飲みに行ったりすると時々可愛い子がいたりする
若く可愛ければ、気に入ったりもするが、営業されるのは嫌いだし、不安定な女性も嫌いで
変わった性格や、大らかな人や、歌がうまかったり、話が面白かったりーは可愛いなと、想う、が、これも長続きした試しがない、何故だろうか
とにかく盛り上がらないw


きっと、僕がいなくなったら、えらく寂しい思いをするだろう妻の口を尖らせた悲しそうな顔を思い浮かべると、なんだか切なくなってきてやるせないから、というのが正しいところな気がする
そう思うと途端に愛おしくなるから不思議だ
ちょっとペットを飼ってるような感覚だがwきっと向こうも同じ感覚なのだろうから文句は言わせない

主人公不在の場合

エマージング 完全版 (講談社プラチナコミックス)
トイレに行くとき持ってってそのまま再読

作者は「犬神」の人
内容はアウトブレイクという映画にも似てるんだけど特に日本の行政のダメなところを主人公たちが四苦八苦して乗り越えていくという作品

何故か、気に入ってて、棚の比較的手に届きやすいところある

上手いなーと思うのは「無能な人」の書き方、民間企業と懇ろになっていてなんとか目を背けようとする厚生省役人とか、目の前に解決手段があるのにそれを決断できないどころか部下を叱咤する研究所所長とか
他にも他にも一般人レベルでも特徴のある書き方で出ている

もっとしつこく書けばいいのにと思うw
2巻というのはとても短いし、さっくり終わってしまう

主人公たちが居なかったらどうなるのだろうか
という世界は口蹄疫がアウトブレイクした2010年の宮崎だろう
2010年日本における口蹄疫の流行 - Wikipedia

もともと防疫のモラルの低い風土
 消毒に効果のない石鹸
 消毒槽の設置がない農家
 全国で最低の家畜防疫員数

理解のない人々の判断の失敗
 3月に発症していたのに報告されたのは4月20日
 赤松広隆農相は4月30日から一週間の外遊、舟山康江農林水産大臣政務官は5月4日から外遊
 (政府主導で事態は収束に向かっているからとw)
 アウトブレイク中にも野党は不信任決議案で政治対立
 とにかく政治的な発言、対立が多く、しかし政局などお構いなしで疫病が蔓延していく

 自治体に丸投げで道路封鎖も殆どできずにどんどん感染範囲が広がっていく
 国連食糧農業機関(FAO)からの援助を断る

 保護するために種牛を移動、しかし既に保護した種牛のウチ1頭は感染していてそのまま他の種牛にも感染
 さらに49頭の種牛を隔離しようとする東国原英夫知事

ようやく7月に殺処分が完了したが
 感染の可能性がある牛を届出をせずに殺処分にして隠蔽したり
 さらに感染の可能性がある種牛6頭を知事が助けようとしたり

と、超絶カオスな環境で、「世界的にみても過去10年間では最大規模の発生となっている」らしい
殺処分された家畜は28万頭、僕は行きつけの小料理屋で宮崎牛が食べられなくなって悲しんだだけだったが

Wikiを読んでいる限り、もっと早く感染を封じ込めれたのではないかと思えてしょうが無い
せめてしっかり道路封鎖するべきだったんじゃないかなー…

どの勢力も勝手すぎて呆れる、こののんびりさ加減は被害が畜産に留まっているからだろうか
人間への感染例も少ないが存在するんだけどなー

反省の意味合いも込めて、漫画化して流布すべき事案だと思うのだがどうかw
もっとも政治が不安定な時期だったからどうしても政治色が強くなってしまうし
最大の原因は元々の防疫のモラルの低さだと思う

Front mission dog life & dog style

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)
終わってしまったんだな、という残念な気持ちがありつつ、しっかりまとまった感がある10巻
漫画はMOON LIGHT MILEの人なのかな?C.H.LINEって名前が書いてあるのが気になるけど

いつの頃からかサイバーパンクが好きで
脳移植や二足歩行兵器、荷電粒子砲、レールガンなどという単語にロマンを感じる性分になっていたが
世間のSFに対するモチベーションは低く纏まってるように思う

特に兵器設定や世界観がしっかり出来上がっていれば居るほどSFはウケない
ウケなければウケないほど僕のような人間が喜ぶ、という二律背反な結果になっていると思う
残念ながら僕はフロントミッションシリーズが大好きで、シリーズはほぼ購入していて
(エボルブとか地雷っぽい奴は回避してる)
ゲーム自体物凄くヒットしてるのかといえばしてないのだろうw

初代の外連味のある天野喜孝のイラストと、いかにもストーリーなんかも、全部予想内なのに大好きなわけで
シリーズ全般、とにかく細部にわたって丁寧な作りをしているゲームだと思う
昨今のリメイクラッシュなのにリメイクは初代しかされてないので今後に物凄く期待しているのだがー

フロントミッションはゲームのナンバリングタイトルで戦史としてしっかり終了してしまっていて
あとは楽しみといえばもうこの漫画しか無かったわけで

ひつじ使いのストーリーが完了で、もうフロントミッションシリーズの続きは多分出ないと思うととてもさみしい
ありがとうフロントミッション、そしてもっと未来のハードなSFが出ることを期待している

反面教師にも程がある

僕が大学の頃に家庭を捨てて大阪に失踪した父が反原発運動をしているらしい

父は東京理科大の夜間をでて中学の教師になった
僕との歳の差は30歳であるから団塊の世代としては晩婚にあたるだろう、見合いだったそうだ
社交性は無くあまり友人がいるという話を聞いたことがない
埼玉のとある中学校で生徒指導などをしていた

アイスコーヒーとパチンコとハイライトの人だった、音楽は中島みゆきが好きだった
常に夜半までパチンコを打っていて、公務員なのに帰宅は毎日23時半
土日も家にはいなかった、毎日閉店まで打ってたらそれは負けるだろう、消費者金融で借金をしながらパチンコを打っていたのがあとになって発覚した
小柄ではあったが太めの体型で円形ハゲで毎日帽子を被っていた

家族と馴染めなかったのが原因か、職場に馴染めなかったのが原因か、おそらく両方だろう
ある日失踪した、あとになって聞くと何度かプチ失踪を繰り返していたらしい

父と話した会話で覚えているのは「自衛隊は法律的に正しいか?」「憲法9条で戦争は防げるか?」といった会話だ、小学校低学年の頃だ
僕「法律で禁じられているのであれば兵器は捨てるべき」
父「他の国が攻めてきたらどうするの?」
僕「責められて来ることがあるなら捨てることができないんじゃないの?法律が間違ってるの?」
父「憲法9条は世界に誇るべき日本の法律で…」
僕「じゃぁどうすればいいの?」
父「これはほんとうに難しい問題なんだよね」
どちらかと言うと左翼よりな思想だったように思える
もっとも会話量が圧倒的に少くなかった、僕はあまり父には懐かなかった

失踪して、僕ら家族が困って「お父さん戻ってきて(´;ω;`)」と泣きつくのを期待していたのだろうか
パチンコ中毒になって消費者金融からお金を借りていたのが恥ずかしくて逃げたのだろうか
失踪後1週間して謝罪の手紙が30枚綴りで送られてきたという、僕は読まなかった、父が嫌いだったから
多分、父は戻ってきたかったのだろうが母が戻らせなかった、僕も妹も望まなかった

その後大学を卒業して就職をした頃に大阪府から手紙が来て「お父さんが生活保護の申請をしてますがお子さんならお父さんを助けてあげてください」と言われた
「数年前に家族を捨てて逃げた父を支援することはできません」と返したので、生活保護を受けていたのだと思う
今は年金をもらって生活をしていると聞く、父は相変わらず母とは連絡を取っていて、母も満更ではないらしい
とかく男女の間の感情の機微は理解ができない

一度だけ、和解ができないかと思い大阪の父を訪ねたことがある
生活保護を受けつつも岸和田の寿司屋で働いていた
「先生」というアダ名で呼ばれていた、元教師だったからだろう
「寿司握らないの?」と聞いたら「握りたくもないね」と嘯いていたがどうだろうか、握らせてもらえなかったというのが本当のところだろう
あれは大将の愛人で、あれが大将の元愛人で、あいつは本当に苛つくやつで、とあいも変わらず一緒に働いてる人間の愚痴ばかりだった
僕が小さかった頃、父とはなんの話をしていいかわからなかったが、それは大人になっても変わらなかった


父の望んで恵まれない人生の無念さはなんとなく解かる

しかし、失踪し、家族を捨てて、国の保護を一方的に受けて、何年も税金を払っていなかった人間が、政治を語り、体制を語り、環境を語り、今また未来を語ることに到底、我慢がならない
望むにしろ、望まないにしろ、今の今まで安定した社会で充実したインフラの籠に揺られる生活をしてきて、今その代案も無しにただ無責任に反対だと喧伝するなどと愚劣、寂しさから同じような人間と絡むなど唾棄すべき行為だ

己の人生をコントロール出来ない父を心から軽蔑している

英語英語英語英語

昔から英語が苦手だった

大学受験の時一生懸命勉強したがやはり苦手だった
それでもなんとなく理解は出来るようになった
就職してIT系の企業に入った、より英語が必要になった
エキサイト翻訳が大活躍だった、今はGoogle翻訳が活躍している

ふと、いくつか、ままならぬことがあって
やはり自分で喋れないとダメだなーと思い
ちょっと勉強を始めたがー

昔ながらの単語帳で単語を覚え
文例集で読解力を鍛え始めて気がついた

言語の覚え方はこれではダメなのだということにw


これは僕の人生観でかなり異例なことなのだけど
英語に関しては中学から大学までやってきたことは全く意味が無い
よく、子供が「勉強なんて社会にでたら何の役にも立たない」などとうそぶくが
僕の英語に関しては正にそのとおりだ


発音から覚えなければならない
と言うより、言い回しから覚えなければならない

単語を覚えるよりも前後の言い回しのほうがはるかに重要なのだ
そして、言い回しは発音で覚えたほうが遥かに早い
英語を覚えるなら歌を歌うか、映画でも見たり、英語で寸劇をやったほうが遥かに早かったのだ

そんな事に今更気づくなんて…

よくよく考えて見れば、うちのこはインドネシアの生活のほうが長いのだが
日本語を読み書くのは微妙だが、かなりのレベルで話せるようになってきている
言葉を覚えるならその言葉をしゃべる恋人を作ったほうが早い、とよく聞くように
会話をする方が、単語を覚えるよりも重要度が高い

僕が子供の頃は、英単語を覚えて、英文解釈をして、発音、そして最後に会話だった

僕の英語の先生たちは、英語を教えていたが、多分ネイティブの人と英会話が出来ない
そんな低クオリティの英語教育を行なっているから未だに日本人の英語は最悪と言われるレベルに留まっているのだ

そんなこと今更気づいたって…

食べログの点数が当てにならなすぎる件

一方的に僕が悪いのだが

前回のエントリーに書いたように店選びを失敗して少し不愉快な気分を味わった
実はそもそも店選びは僕は苦手なのだ
大体飛び込みで入った店は外れる

ただ、今回は飛び込みではなく「食べログ」で見た評価を当てにして店を選んだところがケチが付いた
レビューが余りに提灯過ぎてさっくり釣られたのに顔を真赤にしてそれまで持ってもなかったアカウントを作って携帯認証までして食べログにレビューを書いて文句をぶちまけた

ら、サポートからメールがきてた

日頃は食べログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

食べログサポートです。

「峯八」にご投稿いただきました口コミに関して、
ご連絡させていただきました。

ご投稿いただきました口コミですが、口コミガイドラインの、

「3.内容の確認が困難かつお店へ悪影響を及ぼす事象についての投稿はご遠慮ください。」
「5.個人への誹謗中傷、店舗への断定的批判は禁止します。」
「6.お店への個人的なクレーム、及びトラブル、支払いに関する内容はご遠慮ください。」

に該当しておりましたので、大変申し訳ございませんが、
下書き状態へ戻させていただきました。

食べログは、お食事をした際の主観的な感想・意見を
共有する口コミサイトです。
そのため、事実関係の確認が困難かつ、お店へ悪影響を及ぼす
事象の投稿はご遠慮いただいております。

また、特定の店員や個人に対する批判は、個人への誹謗中傷に該当する
可能性がございますので、ご注意ください。
誹謗中傷の意図は無かったとしても、誤解を招く恐れのある
表現は、ご遠慮いただいております。

なお、お店に対する個人的なクレームやお店で起きた
トラブルの口コミにつきましても、ご遠慮いただいております。

食べログでは、ユーザーがお店を選ぶ際の参考になる・
信頼できる口コミサイトを維持することを目的とし、
口コミにガイドラインを設けております。
ご協力のほど、よろしくお願い致します。

■口コミガイドライン
http://r.tabelog.com/help/r_reviewguide/

ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。
今後とも、食べログをよろしくお願い致します。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
食べログ:ランキングと口コミで探せるグルメサイト
URL:http://tabelog.com
e-mail:tabelog_support@tabelog.com
株式会社カカクコム
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ああ、なるほど、と
ディスるようなレビューは載せるなってことですよね
ってことで返事を返してみました

こんにちは

下記ガイドライン、了承しました

あまり期待して食べに行ったのでは無いのですがあまりに酷かったのでつい書き込んでしまったのですがクレームっぽい内容になってしまったと思ってます
個人的な観点も含まれていたので自分のブログの方に改めて掲載しますので結構です、「食べログ」の方も退会しておきました

僕的には「食べログ」さんを見て高得点だったので食べに行った部分も大きかったんですが、そう言われてみれば、自分自身「食べログ」さんを参考にしてご飯を食べに行くことは殆どありません
今回は急な用事があったので仕方なく利用したのですが、それがそもそも拙かったのだと思います

味覚という不確かな価値観とネットという雑多な情報が多いからという理由でそういったグルメサイトのランク付けはクオリティが低いと、勝手に思ってたんですがどうも違ったようです

僕が行った店は常識的に考えて、4に近い数値がつくような店では無かったんですが食べログさんではそうなってます

このランク付けのクオリティの低さが「食べログ」さんのガイドラインにあることを完全に理解しました

そう言われてみれば飲食店は「食べログ」さんにとって顧客ですもんね
迷惑をするのは「食べログ」さんのランクに騙されてお店に行った一般人ですがこれは「食べログ」さん的にはスルーしたいところなのでしょう

ともかく良い勉強になりました、どうもありがとうございます
結局、食べログは低い評価などを自由に付けられないってことで、であれば食べログの評価が全くあてにならないのは自明の理ってことですよね!
あーむかつく

中野 寿司 峯八

母子家庭ながら頭の悪い僕を私立の学費の高い高校、大学に入れてくれた母には頭が上がらない
最近、母が円満退社をして旅行やら習い事やらで遊び歩いてたのだがふらっと僕に電話してき「ご飯を食べに行きましょう」との事だった

僕の方は仕事中だったのだがご飯だけなら、と手軽に済ましてしまおうと思ったのが良くなかった
「何食べに行く?」と聞くと「なんでも、お鮨でいいわよ」とのこと
残念ながら、中野で美味い寿司屋を僕は探せてない、どこか美味い寿司屋は無いだろうか…ともかく僕は携帯で中野周辺の寿司屋を検索した

峯八 みねはち - 中野/寿司 [食べログ]
点数は3.54、レビューを見るとなかなか良さそうな感じだった、美味しかったら妻を連れて行こう、などと考えた
甘かった

他の方のレビューにも書かれているように、店に入った瞬間から店主がお手伝いさん(奥さん?お母さん?)をガミガミどなりつける、これがずっと続く
開店したばかりだからなのか目の前で仕込んでるのだが、これが良く店主が味見をする、包丁で手入れをして食う
指が口に触る、その手でネタと包丁を扱う
これしかないんだよね、って見せられたメニューには7500円、9000円、12000円とぶっきらぼうに書かれてた
9000円を頼む

寿司はいくつかはうまかったのだが(うまかったと思うのだが)酢が凄まじく酸っぱい
店主が繰り返す『江戸前』という事なのだろうが舌が可怪しくなりそうなぐらい酸っぱい
特にはじめに出てきた平目の昆布締めなどは目から火花が飛び出そうなぐらい酸っぱかった

店主がこれまたよく喋るのだが滑舌が悪く、薀蓄が酷い
これが寿司屋の〜です
最近は寿司屋の〜が
〜といえば江戸前の〜
〜は江戸前じゃないんだよねー

僕は自称なんちゃって江戸っ子なのだが江戸前寿司の定義はわからないし

同年代の母への喋り方が鼻につく
いや、それは違うなー
〜って知ってます?
それ、記憶違いだよ(笑

話してる内容は魚についてなのだが、魚は寿司屋のほうが詳しくて当然だろう
最後は母が「ごめんね、あたしの記憶違いだと思うわ」と折れていた

別に険悪な雰囲気にはなってなかったが、それは久しぶりにあっての食事なのでお互いを気遣った僕らの理由だ

お好みも頼まずさくっと店を出て、顔を見合わせて思わず
「美味しくなかったねぇ」と笑ってしまった

ネタ的に美味しいものもあったと思うのだが、雰囲気が悪く、味わったとは言い難い
拘って出しているものも、その拘り程の物なのか、と考えると、それは人それぞれなのだろう

なにより、そんな店よりも僕の気に障ったのは食べログのレビューだったので早速会社に戻って食べログのレビューを書いたのだが…

漫画読み直し

最近夜明けに起きてしまって眠れないことがある
眠りたいけど眠れない、ので漫画を読んだけど更に眠れなくなって後悔をした

奇子(2) (手塚治虫漫画全集 (198))
鬼虫 2 (ビッグコミックス)

まず、我ながらチョイスが最悪
奇子は小学生低学年の頃叔父の部屋に隠されたのを読んで物凄く興奮したの過去があって
それをアラフォーになって読むという
今になって読むと全然エロくないっつーかマジホラーキツイです
幼心にエンディングに、特に警部の一人息子について物凄く納得いかなかった気がしたんですが読み直したら納得出来ました

ってか初見の頃から多分30年ぐらい経ってるんですが様々なものに対する感覚が相当変わってますね
手塚治虫が四苦八苦しつつ書いた女性的な怖さみたいなのがキツイです

んで、後味悪かったんで更に前から気になってた鬼虫を読んだんですが
ホラーですな、あれっす、Vガンダム見終わった後のような気不味いさですね
女こええよ((((;゚Д゚))))って作品でした、凄まじかった
多分、読む人によって感覚が変わるんでしょうね、僕はもうお腹いっぱいです
前作の「いぬ」も初期はギャグ漫画っぽかったのに段々厳しくなってったのに似てるわー

ってことで最近また溜まってる漫画をちょこちょこ読んでます

セイバーキャッツ SABER CATS 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

山本貴嗣は中学の頃から大好きで
なかなかしっかり終わらせてくれないんだけど、セイバーキャッツはちゃんとまとまってて一番のお気に入りです
精力的に書いてくれるのになー…いろんな形で「わくわく感」を出してくれるのが良いと思います

オフィス北極星 全10巻完結(モーニングKC) [マーケットプレイス コミックセット]

大学の頃に大好きだった漫画
海の向こうには別天地があって活躍している日本人がいると思うと興奮しますね
僕的には日本人とアメリカ人の夫婦の離婚と子どもたちの話が一番好きで
実際、国際結婚で幸せになってる人たちは殆ど見たことが無いけど分かり合えないからこそ美しいと思う


ってことで一度読んだ漫画を読み直し

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」についての考察

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉があります
言葉というか社会通念かな?「鉄は熱いうちに打て」と似てますね

最近tumblrやtwitterではこの言葉を否定するような意見が多い、と気になったので考察してみようと思う
ちなみに僕自身は「買ってでもしろ派」です、根拠は自分の人生ですね

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」誰が言ったのかな、と思うけど、そのように考えている経営者や政治家は何人かいそうな気がしますね
多分やはり根拠は僕と同じで自分の人生の訓戒としての言葉でしょう
僕なんかが言うよりも実際成功している人がいうと重みがありますねw

じゃぁ、逆に反論というと多分論拠は自分の人生ですが、この場合2パターンあるのかな
「若いうちに苦労しても実らない事もある、無駄だ」と
「成功したけど苦労してないよ?苦労?無駄じゃね?」あたりなんじゃないかなと

更に最近の社会はなかなか結果が出しづらい風潮になってまして
勉学に勤しんで一流大学に入ったとて思うような人生にならないというサンプルが多いわけですが
ここでいう成功というのは勿論分かりやすい成功でしょう「モテて、権力があって、金がある」人生ですな
わかりにくい成功を目指している方はそもそも社会通念が当て嵌まりません、あくまで「一般的に」という枕詞が付きますね

で、何が言いたいのかというとですね

そもそも、好きに人生を総括していただいていいんだと思うんですが
あくまで個人の体験がベースになってるわけです
かつ人生が思い通りになる人は相対的に見て物凄い少ないわけです
リサーチをしたわけでも無いので人口全体の中で満たされている人間が何割いるのかは知りません

A 苦労して満たされた人生を得た人
B 苦労せず満たされた人生を得た人
C 苦労して満たされない人生を得た人
D 苦労せず満たされない人生を得た人

派生として
E 苦労したいけど苦労出来ず満たされない人生を得た人
F 苦労という概念が分からず満たされた人生を得た人
G 苦労したけど苦労しなくても良かった満たされた人生を得た人
あるかもだけど置いといて

A-Dの大体4パターンなのかなと
で、残念ながらCDが一番多いでしょうね、もっとも少ないのはBでしょう
だから社会通念は別として「苦労しても苦労しなくても成功する人は一握りである」という現実があるわけです
いいかえると「大多数の人はしてもしなくても成功しない」ですな

ただし、これは客観的な話で
「満たされた人生」というのは個人的な観念になると更に多種多様化をするわけです
新たなパターンの創出ですね
「苦労して満たされない人生を得たがそれはそれで納得している人」
「苦労して満たされない人生を得たがそれはそれで納得してない人」
このあたりになると自分の人生に納得するかどうかがキーになってきます
納得するっていうのはまた違う概念ですよね

まとめるとして

そもそも「若いうちの苦労は買ってでもしたほうがいいのか、しないほうがいいのか」

についてですが
・好きにしろ、自分の人生の生き方を他人に委ねる奴はろくな人生送らない
・打ち込めるものがあったほうがモチベーションが保てるだろ
・苦労しないほうがいいとか言ってる奴は自分と同じように他人に怠けて欲しいだけ
・ってか苦労せず満たされない自分の人生を認めて欲しいだけだろ
という個人的な意見は置いておいて

苦労しないのであれば「苦労しないのに成功しちゃってちょー幸せ」のパターンを狙うしか無い
苦労すると若干幸せのパターンが増える、から満たされた人生を得たいのであれば苦労したほうがいい

と思うわけです、ちょっと強引ですかねw
幸せになりたくない人や幸せの概念はもっと複雑でゆとりあるーなど言う方はどうぞご勝手に

価値観の多様化に困る

無駄に歳を重ねると価値観の多様化に困る、そろそろ40歳
きっと数年後も同じようなことを言っているのだろうか

自分はどちらかと言えば自由経済主義派だと思うのだが、と断りをいれて
最近、「どうしてもこうじゃなければいけない」というポリシー的なものが薄れてきて困る
一種諦めにも近いものがあるのだが
昔からのように物事に憤りもしたりもするがイマイチ持続しなかったりする

製造業の工場が海外に出て行ったように、IT開発の現場も海外に出て行きオフショア開発だのアジャイルだの言ってるが所詮やっつけ仕事にしか見えなかったりするが、以前はそういったことに一々憤り産業の空洞化が!などと言ってた気がするし
派遣切りがどうの、労働基準法がどうの、脱社畜だのブラック企業がどうの言ってる奴をイライラしつつみながら、ようするにお前ら落ちこぼれの仲間が欲しいだけだろ、とか思ってた気がするし
竹中平蔵の「成功者の足を引っ張るな」という言葉にいいこと言うなと思いつつ、でもこれから成功する奴は成功者の足を引っ張らんとだめだよね、とか本気で考えたりした気もする
竹中平蔵(下)「リーダーは若者から生まれる」
私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。
ここだけ抜粋されてよく出回ってるが原文はもっといいことを言っている


がー、これら、世間の事象について事細かに指摘をするのが、めんどうになったというか、どうでもよくなったというか、他人は他人自分は自分になってきたというか、期待しなくなってきたというかー
ネットで様々なサンプルを見るに連れて徐々に達観してきている部分は否定ができないが

なんであれ、おおまかにくくると「日本」なわけで
これは如何ともし難いw様々な事象、ある時は心地良い他者の囁きに身を委ね安きに流れたり、ある時は民主主義なのに社会主義のように公平性を求めたり、利益優先だと思ってたら義理と人情が必要だったり、暴力的なラップが入ってきても流行るラップは愛と友情だったり
すべての日本的な概念から大きく外れることがない

「日本人=勤勉・勤労・真面目でシャイ」という個性は戦後アメリカに作られたものであるが歴史的に考察するともうすこし「享楽的でお祭り好き、飽きやすく、流されやすい」という要素がピックアップされるだろう、多分、民族としてのペルソナは二面性で相反する様で相関している
さらに言えばベースにいくつかのデメリットがw「戦略的な視点を持つことが苦手」とか「妬みや嫉みといった感情をある程度持つ」とか

世論や事象がそういった文化的個性による所が大きく、自分はその流れを変えることなど出来ない、という事実に気づいたのかもしれない、むしろ変える必要を感じないのかも、こういうと「好きにすれば良い」で話が終わってしまうのだけど

ここから論理を飛躍して、文化的な側面は個人を理解するのにも有効なんじゃないのかな、と
よくよく社会で人付き合いをして営んでいるわけだが、時々理解できかねる行動や思考パターンをする人間がいて悩んだりもする
そういう時は、ある程度大きな網目でフィルタリングすると意外に定まることもあるきがする
翻って他国の人間も同じで、やはり大きな意味での文化的なフレームから逸脱している人間はあまり見たことが無い、というか大半の人間は逸脱することが出来ない

多分もうちょっと網の目を細かくすると地方や地域毎にでも人格形成の元になるパターンが存在するのだろうが、そもそも個人に文化的なフレームを当てはめてその行動パターンを判断するなどということは基本的には血液型で人を判断するような類と変わらないのだろうから、やはり網は粗めであるほうが良いだろうw

例えば、常に大騒ぎしている経営者さんがいて細かく重箱の隅をつついてあーでもない、こーでもないとやっているのでも、一見無駄なように見えて、彼的にはイベント(祭り)を起こそうとしている、もしくはプチ祭りになってる、うまくいくかどうかはわからないし、客観的に見てうまく言ってないようにも見えるが、やはりベースになっている成功体験がありそれを反復しているように見える
「スキル:お祭好き」

とか

明らかに破滅に向かって進んでいくチョイスをしている方がいたとして、僕から見てそのチョイスは無いんじゃないかなーと思いながらも彼的にはそれが唯一の選択肢だと思ってるフシがあるところとか、あとデメリットについてもしてきしても、基本的には聞いてない、とかw
「スキル:安きに流れる」

とか

例えば、在日の○○さんが誰々と仲が悪い、何故だろう、妙に偉そう、とかも権力者の間を右へ左へと移り変わることで自分の地位を確立しようとする行動パターンと父権的なイメージを前面に出そうとする儒教的なパターンがあってそうさせているとか
「スキル:他者を貶めて自分の地位を確立する」

と、なんだかどうにもまとまらないがー要は「好きにすれば良い」っつーことで

自炊したい

といっても調理ではなくて、所持している書籍を電子媒体にしたい

うちにある本棚はスライド式の3層型でありえないぐらい本が入る
以前嫁が購入したもので、それまで僕が購入しては捨て購入しては捨てしていた漫画本が余すこと無く収納されている

それまでは数年に一回、もったいないな、と思いつつ捨てていた

今や電子書籍の時代の幕開けと言われている中、Amazon Primeに入り好きな漫画をひたすら予約
時々間違えて二冊購入したりで凄まじい勢いで増加中である

これを全て電子媒体にしたら物凄く部屋がスッキリするのだろう

そう思って
パーソナル断裁機 Durodex 200DX
断裁機と
FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
自動送り機能付きのスキャナを購入してみたが…

2-30冊スキャンした所で飽いてしまった
物すっごく面倒臭い

なので、スキャン代行を頼もうと思うのだが
カバーはカラースキャンして欲しい、カラーページもカラースキャンして欲しい、カバーの内側にある裏表紙もスキャンして欲しい、などと思うと大体一冊300円ぐらいになる模様
しかもスキャンして欲しいという人は多いようでどこの代行屋もスキャンは1か月後に納品などと悠長なことを言っておりー
更に、スキャナ機器は相当減耗してるようでスキャン品質にも相当上下がある模様

大体300円出すぐらいだったら、同じ電子書籍を300円で変えるサービスがそろそろ出てきそうなものなのに、それを300円払って電子媒体にしてもらうなどというわけのわからない事態になっている気がする

とりあえず、モノクロスキャンで時間をかければ1冊100円ぐらいでやってくれるというところがあるので
カラーがないorもうあまり読み返さない漫画をカバーだけ自前でスキャンして、その他の部分を頼む
大事な漫画は自前でスキャン
という2段構えで行こうかなぁ…と…てっか早く電子書籍が主流になって1冊100円ぐらいで買えるようになってくれればいいのになぁ…と思う次第です

国の借金が1000兆円目前だとか(笑

バブル崩壊ぐらいの頃からですかね
国の借金がどうこうっていう危機感を煽るような記事が出てきて
やれ一人あたりの負担額がいくらだとか、他の国に比べてどうだとか

社会人になったぐらいの頃までは素直に信じてて
「このままでは駄目だ!財政赤字を減らさなきゃ!」
などと思ったものでした、懐かしい、ピュアだったなー俺

時事ドットコム:膨れ上がる借金、世界最悪=1000兆円目前−予算
安倍政権は7年ぶりの減額予算案を組んだが、歳出総額92.6兆円の約半分を新たな国債で調達する借金依存からは抜け出せない。2013年度予算案では、借換債や復興債を含め総額170兆5452億円の国債発行を計画。発行済みの国債に借入金などを合計した「国の借金」は12年9月末時点で983兆円に膨れ上がっており、1000兆円の大台が迫っている。
こういう記事を書く時は記者の名前をしっかり載せて欲しいですな

あまりに懐かしいんでついでに借金時計も
財部誠一
こんにちは、財部誠一です。皆さん、借金時計のデザインが変わった事にお気付き頂けましたでしょうか。2009年4月にオフィシャルホームページのリニューアルに際し、借金時計のデザインも一新しました。
リニューアルしたそうです

いろいろ、突っ込みどころがありますが

まず、誰が借金をしているのか
借金ではなくて国債発行額
国債を発行しているのは「日本国」で
その担保にしてるのが「日本国民の税収」、だから日本国民が借金返済する義務は無い
だから「あなたの家庭の負債額」などという表現は見当違いもはなはだしい
日本国民自体が借金をしてるわけではない

次に誰がお金を貸してるのか
貸してるんじゃなくて国債を買ってるわけで
買ってる人は2011年末で「保有者の割合は、民間銀行が36.3%、生損保が22.4%、社会保障基金が9.35%、日本銀行が8.95%、年金基金が3.77%、日本国外が6.74%となっている」日本国債 - Wikipedia

いつまでに返さなければならないのか
国債の期限まで、利子を払い続けて、期限が来たら全額返還

返せないとどうなるの?
国債の発行額が増える
国債も発行できず利子が払えなくなり、国債の保有者から督促が来ればデフォルトに(財政破綻)


と言うことは日本は多重債務者(借金を返さずにさらに借金を増やしていく債務者)であるわけなのかーと
更にお金を貸してくれているのは日本の国内銀行とかで、国内金融機関が日本国債の債務で督促するわけがないので実質借り放題になっているーわけで
日本がデフォルトすることはありえない

大体どこの国も多重債務者である上に、一番クリティカルな外国保有の国債が10%満たない日本の財政はかなりの水準で健全だろう
(ちなみに財政破綻寸前のギリシャは国債の外国保有率が80%)
何故そこを書かないで国の借金が1000兆円!とか書いちゃうんだろう

大体返せないというのがおかしい、金本位制じゃないわけだから返せなかったらお金を刷るという方法がある
(前述のギリシャはEUなのでお金を刷って返すという乱暴なことが出来ない、もっともお金を刷って返すとインフレが起きて通貨が暴落したりするわけだがー)


僕は経済を勉強したわけでも無く、殊更詳しいわけでも無いのだが
日本経済は破綻する!だのこのまま借金が増えると家計を圧迫してーだの言う学者だったり識者だったりがいるが、その通り破綻したり、もしくは破綻しそうになったりしたことが無い

よって経済破綻論者や、マスコミの経済担当は狼少年をしてメシが食っていけるわけである、羨ましいものだw

簡単に他人に人生を預けてはならない

預けたことも預けられたこともあっての話で

社会に出れば魅力的な人間がいると思う
いろいろ不安があったり、物凄くやりたいことがなかったり
日々ぐだぐだ過ごす事に比べて

魅力的な人間がいて
 物凄く欲求がストレートだったり
 モチベーションが異様に高かったり
 能力が高く有能だったり
する

付いて行きたい、付いていくことで自分の人生も引き上げて欲しい
この人に掛けたい、どこまでいくか見てみたい


思うのだけど、全ての人間がその人生の主人公であるわけで
憧れた人生の主人公を目指さなければならないと思う

町の入口に立って「ここは○○の町です、右側には武器屋があります」という配役を貰ってはならない
「○○君、お茶入れといて」という配役を貰ってはならない
仮にもし貰ってしまったのであれば、夜は正義の味方だったりのサプライズが必要だ


魅力的な人に付いていくことでその場限りの幸せを得れるかもしれない

多分だが、残念ながら、往々にして蜜月は長くなく
ついて来る事を当たり前に思われたり、
あるいはついて来ることに負担に思われるかもしれない


全ては人の勝手であるわけだから
全ての人が勝手にするべきだ

TPPに参加するとモンサント社がやってきて日本の農業を骨抜きにする

とかいう動画を見たんですが

非常に良くできてますねと、面白かったです
で、現状のJAの仕組みを思い出しましたw

農薬や化学肥料をできるだけ使わず有機農法にしようとするとJAの人間があらゆる嫌がらせをすると
小作農の人はJAに借金があってJAから提供される農薬や肥料を拒むことは出来ず、またトラクターなどの農業機械を無理やりローンを組まされて購入させられる
しかし農業機械は数年で壊れて使い物にならなくなり新たなローンが

一時期の債務整理ブームになった時にJAのローンを整理しようと司法書士が色めき立ったが、多重債務者の農業従事者がJAから嫌がらせされたり、または債務整理することで村八分になることを恐れて整理ができなかったり
(往々にして村の権力者がヤミ金まがいのことをやっていたりw)

んー、勿論上記のことはJAのひどい部分を抽出しただけで、思いつかないですけど良い部分などもあるのかもしれませんが、それってモンサント社とどう違うんだろうってか一般市民にとっては搾取する側が変わるだけっつーか、新しい統治者は前の統治者よりもマシかもよー?という…
それでも日本人に搾取されたいという気持ちはわからんでもないですが

農業は突っ込めば突っ込むほどいろいろ難しい問題が出てくるので都市部の一般人は別に気にしなくてもいい気がするんですけどねー…

インターネットから朝日新聞を排除する方法

「いやなら見なければいい」と言ってもテレビの話では無く
(元々テレビは見ないので)

以前から、朝日新聞と毎日新聞の偏向報道にはイライラするところが多かった
多分サヨってる人は逆に産経新聞、読売新聞なんかそうなんじゃないかと思う

朝日新聞や毎日新聞の不買運動や解約運動なども考えたけど、そういうサイトは著しく怪しいw
かといって、気に入らない媒体に広告を打っているメーカーを抜き出して不買運動するほど暇では無い

気に入らないものは見なければいい

思えば嫌いと思いつつグーグルで検索したりグーグルニュースで出てくるから見てしまう
見てしまえばアクセスになり、ページビューが1増える
これだけのアクセスがありますよ、ということでメーカーが広告を出す

なので僕の分だけでもしっかりアクセスを減らす方向で

グーグルアカウントにログインした状態で
グーグル検索で「朝日新聞」と検索すると「asahi.com をブロックする」と出てくる
これでブロックすれば検索でasahi.comドメインの物は一切出てこなくなる

さらにグーグルニュースで右側の歯車のマークを押してニュースの提供元を調節するという所を出す
「朝日新聞」を追加してスライダーを一番左にする

これで僕のインターネットから朝日新聞を排除することが出来る
(お好きな新聞社でどうぞ)

大体、どこのマスコミも共同通信の記事を転載するだけで殆ど変わらないわけだからコンテンツが気に入らないサイトは排除すればいいっつー話で
ゲンダイぐらい電波を発してれば鼻で笑うぐらいで済ますけど大マスコミ振ってミスリードを煽り、誤報を謝ることもしないで延々偏向報道を垂れ流すなど言語道断
2−30年前なら違ったかもしれないけど今やネットで新鮮な情報が手に入るわけだから容易に読み比べが出来る
単なるニュースソースの編集者のくっせー思想的な着色なぞいらんって事です

追記
すごい勢いでぼくのいんたーねっつからあさひしんぶんがくちくされました
最近、また日揮の件で実名報道云々言ってるのですが検索しても朝日新聞の記事が一切出てこないのです!
素晴らしい、というかむしろ怖いw

批判をするだけで賢くなれる

気がする

もちろん気がするだけである、実際はビタイチ賢くなってないがーこの罠は自分もよくハマる
あれもダメーこれもダメーと言ってるだけで相手よりも賢くなれると思ってる奴がいる、決して自分のことでは無い、と言いたいが言い切れない部分もあるかもしれない

ここまではよくある話だと思うが、よくいるコメンテーターや識者なんかでもそういう奴が多いと思う

告白すると、何年か前、「勝谷誠彦」の有料メルマガを取ってたことがある
多分4年ぐらい、2005年から2009年の政権交代前ぐらいまで、自分にとってはイタい過去だ
自分にとってあきらかに違うな、という主張が鼻についたので取るのをやめた

その頃、自民が政権を取っていて識者は政界の裏話なんて物を小出しにして飯を食ってた
新宿の小さな寿司屋に行くとスポーツ新聞の記者がしたり顔で野球選手の裏話を語りながら飲んでいた

よくよく調べなければわからない事をさも当然のように語って批判するーこれがネットの進化によって裏話や批判などが世に溢れるようになってしまい
特に民主党政権になってからは酷く、叩けばホコリが出るどころか、ゴミ過ぎてどこから叩けばいいのかわからない、批判者も百花繚乱のごとく世間にあふれた

批判だらけの世の中になって、辟易
改めて、改善策、建設的ではない意見は聞く必要が無いと再認識した次第であるがー

そうすると不思議なのが
僕はテレビを見ない主義なのでまったく気にならないのだが、世間では報道番組やワイドショーなどで、やれ誰がこういった、とか、だれがこうしている、などと話題になる
ネットで知り合った友人などそういう番組を見ながらネトゲをして、なおかつ掲示板やツイッターなどに書き込んで楽しむらしい

そうすると、人々は、批判するためだけ、文句を言うため、だけで番組を監視するという事になるwそれはなんの為にしている行為なのか、まったくもって理解不能だ
まさか批判をしているだけの番組をみながら、それを批判するだけで賢いと思うためにそれを見ている、わけではないよ…ね?

何故なら視聴率の低い番組は続かないという
でも、明らかに尖った意見をいうことによって視聴者はどう思うかは置いといて視聴率が高くなるとしたらその番組は続くことになる
その視聴率、というのは意見を肯定的に捉えているのか、否定的に捉えているのかーはわからないだが、否定的に捉えているのであれば視聴しないことが最善手なのではないのだろうか
テレビが嫌いな僕がテレビを見ないように

衆院選総括

結局予想通り自民圧勝でしたね衆院選

ウチは東京中野で、長妻が当選して比例は自民というなんとも飴色の選挙結果でした
自民の松本さんは別に何の感慨も無いけど、長妻に対抗させるにはちょっと力不足な感じ
正直衝撃的でした、長妻の何に期待が出来るのかと、ってかもう破綻してる年金なんかさっさと諦めてくれよとw

それ以外はさして不満がなかったというか、相変わらずやり過ぎです
思わず比例は民主に入れようかとも迷ったけど比例の名簿見てやめました
かと言って維新はねぇよなーとw第三極なんつって中途半端な政治家が寄り集まってたら世話ないと思うんですよねー
しっかり保守は保守でまとまってくれたらソコにいれたんだけどな

結局自民は細かく壊れず、保守の革命は起きませんでした
もうちょっと細分化してしっかり別れてくれれば、しっかり世代交代してくれれば良かったのにと残念に思う
ってか自民から外に出てった人ってどうも外基地っぽい感じの人が多くて…w


なんつーか凄まじい政権でしたね、民主党政権w
実現不能なマニフェスト抱えて政権交代、外交を拗れるだけ拗れさせて、税金控除を撤廃して、福祉に突っ込んで、原発を爆発させて、最後は消費税上げていきました、そしてTPPを進めたいと、何がしたかったのか全くわからないwww

思うに、「反勢力が選挙のためだけに集まった、政権とったら瓦解する」って指摘されてましたけど、本当だったんだなぁとw


でも、僕は…弱いことは悪くないと思うんですよ


少なからず、一歩進んだのが2009年の政権交代であれば、彼らのパワーは確かに訴えかけるものがあったし、どこかのタイミングでー恐らく10年から20年のスパンで何かしら政界の再編をしなければ行けないという機運が来るのだと思います

左翼とニュービジネスとエコと売国とw選挙屋が集まった政党でしたね
なんだかよく分からないあつまった反勢力の人たち、しっかり滅びるべきです、再生の為に
保守は今回それができなかった、中途半端に強かったから再編できずに旧体制が残ってしまった

2009年の政権交代の時、僕が断固として反対・毛嫌いしたのは、明らかに中韓の息がかかった議員が数多く存在して、更に連合、日教組などの昔から存在する左翼勢力の支援を受けていたからでした
それは戦後から続く左翼の伝統なんでしょうけど、もうそれはナンセンスだと思う
支持をしようとすれば必ず目に付く「外国人参政権」、「米軍基地撤去」、「北朝鮮高校無償化」、「死刑制度反対」、「東アジア共同体」、「子ども手当」、「労働者の権利拡大」、「外国人労働者の拡大」、「外国人留学生の受け入れ拡大」、これらの方針に僕は100%手放しで賛成ができない

ネットで進化する新しい世界で、その激動に個人の幸せをしっかり考えて国政を進めてくれる、「極端でない」革新系の政党が出てきてくれればそれだけで今回の政権交代の意義があったと思うんです
現状、給料少ない、もうちょっと生活が良くなってほしい、でも経済のこととかはプロがやってくれればいい、政治的には別に右でも左でも無い、と考えている層の受け皿がない

もう少し政党は全体的に細かく別れるべき、旧弊を廃して新しく再生する土壌とすべき

完膚無きに滅びるのは組織にとって悪いことではなく、新たな時代への躍進になると思う
政党や政治だけでなく、会社や業界もそうだと思う、しっかり逝くべき、新たな体制のために

阿佐ヶ谷で、かだ由紀子の演説にウンザリした話

もともと、僕はどちらかというと世間的に右側の人に見られているようなのだけどw


先日、阿佐ヶ谷で友人と寿司を食べに行った折、日本未来の党かだ由紀子が阿佐ヶ谷南口で演説しているのに遭遇した

「自民党の阿部首相が国防軍を作るという、若い方!今自民党を選べば、あなた達は戦争に行かされるかもしれない、戦争に行くんですか?若い方!戦争に行くんですか!?答えてください!」

というような事をやっていた
なんとも嫌な気持ちになった、民主党が政権交代したときと同じ論法だ

別にどこの党が政権を取ったっていい、本当に心からそう思う
日本の政治や経済に期待する気持ちは既に無い

そんな僕だって、中国が領海侵犯、領空侵犯を繰り返して軍事緊張が高まっているのを注視している
依然としてそこに敵は確かに存在していて、それが如何な理由であれ、立ち向かってくるのであればそれを迎え撃つしか無い
国土を守るというのはそういうことであり、守りたいものがあるのであればそれは家族及び周りの環境であるわけだ

「戦争に行かされるかもしれない」

行きたくないに決まってるじゃん!

「行くんですか?」

行くしかないと思ってるよ!

誰も戦争なんかしたくない、敵だってそうで、一般の市民だってそう
僕もそう、嫌だけど、政治や経済には期待してないけど、故郷や家族を守るためには命を張らなければならないと言う事をわかっている
心の底から本当に戦争にならないで欲しい、でも挑発をされて立ち向かわないのであれば、それは舐められるだけだ
観光旅行に行けばすぐわかる、如何に日本人がなめられているか、どれだけぼったくられてるか

それを、そんな相反する気持ちを揶揄するような政治家は、例え政権を取ったって、加速する困難な環境に対応できるような器量があるとは思えない
それどころか、第三極などといって指示があつまり発言権を得てしまえば、それはまた獅子身中の虫になりかねない

そんな人の弱いところをついて居場所を作ろうとする浅ましい政治家に世間は迎合しないで欲しいとこころから思う
戦争反対結構、平和が大事結構、僕だってできることならずっと「平和ボケ」でいたいと願う
でも、平和であることと、財産を狙われること、理不尽を押し付けられること、は違う

追記
多分、演説の中で
「自民党の阿部首相が国防軍を作るという、若い方!今自民党を選べば、あなた達は戦争に行かされるかもしれない、戦争に行くんですか?若い方!戦争に行くんですか!?答えてください!」
というフレーズで言外に

「若い人は戦争の悲惨さを知らない
若い人は戦争に行く気もない癖に生意気を言っている
ネットウヨは実際に戦争行く気もない癖に好戦的」
という主張を感じたからイラッ☆っと来たんだな

団塊の世代って戦争体験無い癖に何故か上から目線
俺達に戦争の悲惨さを語っていいのは80歳以上のお年寄りじゃないとダメだろ
Google
おすすめ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
game
Recent Comments
  • ライブドアブログ