本当に最近のパールってば超便利君。
便利すぎてムカつく(意味不明)

今日は、お客さんのサーバーにちょっとしたパールのプログラムをインストール。
普通にFTPでプログラムをうぷ。
実行、まぁ、ここでエラーが出るのは予想してたわけで。

@INC に LWP モジュールが入って無いよーって言われる。
ああ、ソコからかよ orz

perl -MCPAN -eshell


とコマンドラインから実行。
諸設定を済ませてー

install LWP


と入力。
LWPが素直に入る。

そのままもう一度実行するとー

@INC に Jcode モジュールが入って無いよーって言われる。
Perl ってUnicodeサポートし始めた 5.8 から、僕みたいな片手間で Perl やってた人間には非常に厳しい文字処理になったと思う。
大体、 Perl の何が嫌かってアバウトなところ。
C言語がベースにある僕にはあのアバウトさが溜まらなく理解が出来ない。

なのに一番ムカつくのは今のウエブアプリで Perl が使えないと始らないというところ!!!

まぁ、愚痴はいいよ。

install Jcode


で、大量にワーニングが出始めて make が終わらない。

一旦とめてー以前、自分の家のPCの cygwin をアップデートした時にやっぱり Jcode が入らなくて困ったことが。
その時は makefile 作り出す ExtUtils::MakeMaker のバージョンが古かったらしくてソコをアップデートしたらすんなり入ったことが。

install ExtUtils::MakeMaker


こっちはすんなり入った。
で、そのまま再度

install Jcode


変わらずワーニングが大量に。
あーもうワケが判らんと思い1時間ほど奮闘。
昔は Jcode.pl を実行するプログラムの直下に置くだけで動いて便利だったのになーって思いながらー .cpan/build/Jcode-0.88 の INSTALL ってテキストをみたら…

Just copy Jcode.pm and Jcode directory (folder) into perl's libdirectory.
(ライブラリのところに Jcode.pm と Jcodeディレクトリをコピーするだけ)


orz

.cpan/build/Jcode-0.88/Jcode.pm と .cpan/build/Jcode-0.88/Jcode をそのまま site_perl 配下にコピったら通りました。

なんつーか何かに当たりたい気分w