何故、少子化に至ったのか。
その理由を良く行くインドネシアのバリ島の家族構成と日本の家族構成を比べると非常にわかりやすいです。

現在、日本は核家族化が進んでいます。
インドネシアはまだまだ発展途上の国で大体日本の60年代に近いんじゃないかなー大家族制が多いと思います。
核家族の説明に関してはこちら
核家族 - Wikipedia

大家族は一個の人間育成システムとして分業化されてます。
ご飯作るのは誰とか、育児するのは誰とか、洗濯等の家事も。
確かに、嫁姑問題もありますし、近所同士の馴れ合いといった欠点もありますが、何より素晴らしいと思うのは沢山の子供を一遍に育てているところが長所だと思います。

更に、ちょっと御金持ちの家庭が近所の子供達もひっくるめて面倒を見てたり(日本で言うところの昔の大地主にあたるのかなー…)
家の中に他の家の子が入ってきて冷蔵庫からジュースだしたりしてたりw

あと、幼いときだけ他の裕福な家で子供を育ててもらうこともあるみたいですねー日本の「里子」に当たるのかな。


核家族になっていく理由は、様々な要因があると思います。
不動産の高騰も原因じゃ無いでしょうか。
狭い家に沢山の人間を詰め込んだら絶対にトラブルが発生しますし。
ちょっと広めの家を都会に作ろうとしたらローンが重くのしかかってくる訳で。

更に物価の高騰が共働きを促進してる点も見逃せ無いと思います。
夫婦共働きで二人とも疲れて帰って来ては家庭の事もそっちのけになると思いますし夫婦関係もギクシャクしてくると思います。
実際、ウチも二人がメッチャ働いてるときは、「最近会話が無いなー話したいなー」と思っても体が付いてこなかったりw

子供産んでも、財力的に専業主婦が出来なかったりもするのでしょう。
ウチの親もそうだったなー…


壷の中に水はどれくらいはいってる? : 産んだら必ず子供を愛するべきだという机上の空論 子供への愛情よりも苦痛が上回る瞬間

子供を育てたことのない人は、子供を生んだら愛するのが当然だというその正論を振りかざすのをちょっと思いとどまってほしい。その正論は机上の空論ですよ。
という意見。

これは、その通りだと思います。
人生晴れの日もあれば雨の日もあります。
いつも晴れの日でいろって言っても無理w

自分自身の子供がいない僕が言うのもなんですがw
(一人息子は連れ子で…)


そんな空論、無視するが吉だと思いますが。
小さな家庭で子育てしてる女性は
「あたし、ちゃんと子育てできてないかも(´;ω;`)」
ってヒステリックな被強迫観念を持ったりして奇行に走ったりスルラシイデスヨコワイデスネ。


嫁の友人が、仕事でなかなか家に帰らない夫に何度も電話して、電話口にワザと子供を泣かせてその声を聞かせたりして、あげく家に帰りたがらなくなった旦那は浮気しまくって、それが発覚→離婚になった人がいて。

それぞれ、御互い言い分があって、御互い問題点があったのでしょうけど。
求め合う上で傷つけ合うのは、ちょっと切ないかなぁ…っと。


ともあれ、大家族制は様々な問題がありながら人間を効率良く育てるシステムだったわけで。
それを嫁姑関係が面倒だとか、都会に住みたいとか、子供産んでも働きたいとか言った理由で核家族を選んで。
子供も生みたいし、満足に育てたい、って育てられる土壌が無いのに勝手に生んじゃってさあ困ったってのが現状な気もします。
種(義務)を蒔かずに実(欲求)だけを食った結果?
世代の上に積み重なった種としての自業自得って感じ?


ま、もう戻れっつったって戻るワケにも行かないんでその辺、国、それに順ずる団体に期待したいところですが、大抵その手の話は利権塗れになって予算は割かれるけど全く庶民にまで降りてこないっとw

様々な対策で10年進んでるといわれてるアメリカでもまだ少子化は問題なんで。10年たってもこのままの気配濃厚。
国の対応を待つぐらいなら自分で何とかすることを考えた方がマシですな( ´ー`)y-~~


ってか、何でいきなりこんなこと書いたかっつーと。
昔、僕も「親は子供を無条件に愛するべきだ!」って思ってて。
バリ島のおばさんにー親が子供を愛せなかったらそれはとても不幸なことじゃない?って聞いたらー

ばかだねーw子供は親を見て育つもんだよ。
親が一番子供に見せなくちゃいけないのはお互い愛し合う姿さ!
って言われて。
目から鱗が落ちたことが。
流石16人ぐらい子供を育ててると言うことも違うなって。

要するに1番は子供じゃなくて夫婦ってことらしいですw