ってことでー

PGs He@ven:21人の弁護士に懲戒請求を求める ---光市母子殺害事件--- livedoor Blog(ブログ)

記事に書いたとおりー

21人の弁護士に懲戒請求を求める ---光市母子殺害事件--- @ ウィキ - トップページ
このサイトを読みながらアップされてるPDFを印刷して

東京弁護士会に5部
第二東京弁護士会に5部
広島弁護士会に1部

マジで送ってやったぜっ。

請求自体は加害者が弁護を受ける権利を阻害する目的はありません。
僕が主張するのは人間としての性質を疑うような弁護をしている弁護士への懲戒請求となります。

では、光市母子殺害事件のおさらいを

光市母子殺害事件 - Wikipedia

事件の概要
以下、検察側主張、及びこれまでの判決が認定してきた内容に基づく事件の概要である。

1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の少年が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。排水検査を装って居間に侵入した少年は、女性を引き倒し馬乗りになって暴行を加えようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。頸部を圧迫して窒息死させた。

その後、少年は女性を屍姦し、傍らで泣きやまない娘を床にたたきつけるなどした上、首にひもを巻きつけて窒息死させた。そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。

少年は盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり友達の家に寄るなどしていたが、事件から4日後の4月18日に逮捕された。

弁護側主張
上告審の段階になって主任弁護人となった安田好弘は、接見内容をもとに被告人に母子を殺害する故意が無かったことを主張した。しかし、最高裁判所判決では、故意を否定する弁護側の主張については「他の動かし難い証拠との整合性を無視したもので失当」とし、情状については「被告人は罪の深刻さと向き合って内省を深めていると認めるのは困難」として採用されなかった。

広島高裁での差し戻し審では、「母恋しさ、寂しさからくる抱き付き行為が発展した傷害致死事件。凶悪性は強くない」として死刑の回避を求める方針を明らかにしている。

以下は、弁護団の主張の一部である。

強姦目的ではなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた。 (娘を殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ。
水道屋の格好をしたのはコスプレの趣味であり、計画的な犯行ではない。
死後に姦淫したことは、被告が死者を生き返らせようと思ってやったこと。
(検察は)被告人を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている。


しかし、この上記の主張を遺族は「弁護側の主張は不可解なことが多く、にわかに信じがたい。心に入ってくることが一つもなかった」と一蹴し、「遺族に向かって弁護人たちは本当にそんなことを言えるのか」「怒りを通り過ぎて失笑しました。あきれました」と、批判的に強く語っている。

本来、弁護人は被告人の利益を最大限尊重する立場にあって、上告審においてのこの主張は以前の裁判で争った事実関係とは大きな隔たりがあることから、弁護側や被告人がどのような意図で主張を大きく変えてきたのかは不可解である。というのも、控訴審まで被告人が死刑を免れてきた最たる理由が、この事件に対する「反省している」という主張であり、この上告審はそれまで死刑が回避できた唯一の手段を自らぬぐい捨てているとすら印象付けるものであるからだ。もっとも、被告人が頑として主張を曲げなければ、その主張をそのままを言うこともある。この主張の変更を捕らえて、この事件の弁護が死刑廃止論者である安田好弘弁護士らの死刑廃止などのプロパガンダに用いているという見解があるものの、他方ではこの弁護方針の変更こそが被告人の死刑へと近づけているとみる専門家もいる。もっとも、弁護人らは弁護に際しては死刑廃止論を語っていない。

少年犯罪に関する本を多く出版しているノンフィクション作家の藤井誠二は著書『殺された側の論理』において、本事件の被害者家族への取材を行っており、その後もこの事件に関する関心を持ち続けている。自身のブログにおいて藤井は、弁護団の一員である「名古屋出身のM弁護士」がある死刑反対集会において被害者家族を侮辱する発言を行い、さらにその場にいた社民党の福島瑞穂党首などもこれをとがめなかったと発言している。

(中略)

被告人の手紙
この被告人は、一審の無期懲役判決後に知人へ手紙を出している。知人は、この手紙を検察へ提出した。弁護団は当初から「反省している」と主張して死刑回避・減刑を求めていた中で、この手紙を反省の反証と掲げる理解も多い。以下は、判明している手紙の内容である。

「知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君」
「私を裁けるものはこの世におらず」
「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
「犬がある日かわいい犬と出会った。・・・そのまま「やっちゃった」・・・これは罪でしょうか」
(被害者に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。』