北朝鮮テロ指定解除、米国には日本の核武装への懸念も 国際ニュース : AFPBB News
【10月16日 AFP】北朝鮮のテロ支援国家指定を米国が解除したことで、この措置に不満を持つ日本政府内に独自の核兵器開発を考えるべきとの主張が台頭するのではないかと懸念する声が、米専門家らの間で上がっている。

 日本は、北朝鮮が拉致問題に関する完全な説明を拒んでいるにもかかわらず、テロ支援国指定が解除されたことに不満を示している。麻生太郎(Taro Aso)首相は拉致問題解決前の指定解除を批判、対北朝鮮の経済・エネルギー支援を行うつもりはないことを表明した。民主党の小沢一郎(Ichiro Ozawa)代表も、半世紀にわたる日米同盟について「本当の同盟ではない」と批判した。

 米中央情報局(Central Intelligence Agency、CIA)元職員で保守系研究機関ヘリテージ財団(Heritage Foundation)のアジア専門家、ブルース・クリングナー(Bruce Klingner)上席研究員は「明らかに、日本政府は拉致問題の進展という外交の最優先課題において(米国に)見捨てられたと感じているだろう」と指摘する。

 CIAで北朝鮮問題を担当していたクリングナー氏は、米政府はジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領が小泉純一郎(Junichiro Koizumi)元首相に対して行った「個人的な約束」を含め、拉致問題の解決に強く協力すると日本に表明しておきながら、この約束を破ったと非難している。

 一方、元米国務省の外交官、ジョン・ボルトン(John Bolton)氏は、ブッシュ大統領が1月の任期切れを前に北朝鮮問題での外交的成果を急ぐあまり日本を二の次にすれば、弊害を招く可能性が高いと警告する。

 ボルトン氏は「日本で独自の核兵器開発の気運が高まれば、米政府と中国政府双方の不利益になる可能性が高い」とし、「日本政府が北朝鮮の核の脅威が依然として存在していると判断する場合や、中国が戦略核兵器能力や海軍の外洋航行能力の改良・拡大を続けていく場合、こうした事態も起こりうる」と強調した。

 ボルトン氏は、米中が主導する北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議を強く批判していることで知られている。(c)AFP/P. Parameswaran
随分面白い見方をするな…と思うのだけどw
日本には在日米軍が居て「ひょっとして核を持っているかもしれない可能性」があったり。
または、「アメリカの核の傘の下の平和で守られているかもしれない可能性」がある。
核という最終兵器は絶対に使ってはいけない武器であり、持っているだけで抑止力を発揮して微妙なパワーバランスの上で世界の平和が保たれているーと、小学校のときに習いましたwwwこれって保有国の主張だよね。

と。いいつつ。記事を斜めからの視点で見てみるとー…

あくまで推測なのですが。

北朝鮮の話になると必ず出てくる、クリストファー・ヒル - Wikipediaの行動が面白いなぁと。
彼の北朝鮮への懸命の外交努力で現在、日本人からのヘイトを一気に引き受けてるわけですがww

例えば、ブッシュ政権が任期中に成果を残せなかったから焦ってテロ解除だとか。
次に大統領になるオバマ政権への嫌がらせだとか。
北朝鮮の外交勝利だとかー。
対北朝鮮穏健派だとかー。
拉致問題を蔑ろにしてるとかー。

んー。どれもピンと来ないんですよね。そもそも、外交問題はそんな感情的なものでは無く、冷酷なまでに実利的であるべきです。
もっとも複雑な思惑は絡み合ってると思うけど…例えば、黄色人種への潜在的な侮蔑とか、宗教的なものだったりとかー

ただし、思うに、彼の日本に対してのスタイルは、「拉致問題は日本の外交カードでしょ?存分に使ってください。」ってことなんじゃないかなぁと。
天漢日乗: NHK記者、ヒル国務次官補に質問「私の友人の中国外交官は、拉致に固執する日本政府の態度に多少不満」
次官補:私は誰でも拉致問題が日本にとって大きな問題であるということを知っていると思います、もちろん、それは日本にとって大きな問題に違いありません。つまり、人々が日々の生活から拉致され、何年も消息がないのは非常にショッキングなことです。ですから明らかにそれは日本にとって大きな問題です。日本は拉致問題に対処し、何があったか明らかにするためのメカニズムが必要です。誰でもそれを理解できると思います。慎重に2005年9月の声明を見れば、日本と北朝鮮の未解決の問題を処理し始めるための二国間のプロセスが想定されていることが分かるでしょう。拉致は明らかにその一部です。

質問:私の友人の中国人外交官は、日本政府の態度に多少不満を持っていると言っていました。お分かりでしょうが、日本政府の拉致問題に対する固執のことです。友人らはいつも六者協議の進展にとって拉致問題が障害になっていると批判しています。それで、私は日本と他の国の間で、この問題についてギャップがあるように思うのですが、貴方は日本政府を説得することができますか?

次官補:ええと、私はあなたの友人が中国外務省の誰なのか知りませんが、私の話した中国外務省の人々は、これが日本にとって大きな問題であることを理解しています。日本政府がこの問題を無視できない事を理解しています。ですから、中国はこの問題を現実的な観点で解決しようと努力すると思いますし、現実にそれは問題なわけです。何が出来るかはこれから分かるでしょう。

大切なのは北朝鮮と話し合うことのできるメカニズムを作ることだと思います。日本政府が北朝鮮と話し合う場をもうけて、拉致問題に関する何らかの議論を始めることです。六者協議は広範な問題を扱う場なので、私たちは幾つかの個別議案を提案することが出来ます。多くの議題があって、例えば米朝二国間協議なども六者協議を通して実現できます。
NHKのニュースキャスターが中国人外交官の立場に立って質問しているとかも結構な突っ込みどころですがwwそもそも、北朝鮮に対して強硬姿勢をとっている日本を中国が嫌がってるって分析自体が意味不明です。NHKの方は中国を恐れるばかり目が曇っているというか腐っているというかwただ只管恐れ敬うだけでは中国様は喜びませんよっとw

それに対してヒルが言ってるのは「日本は拉致問題に対処し、何があったか明らかにするためのメカニズムが必要です。誰でもそれを理解できると思います。」ってところですよね。
日本の北朝鮮に対する姿勢をなんら咎めては居ない。アメリカだって外面があるわけだから、明らかに人権侵害な拉致問題を加害者擁護なんか出来ない。そんなことするのは韓国だけなわけでw

要するに、テロ支援国家指定は日本だけのためではない。(もっと言うと多分アメリカの為っつーかアメリカがコントロールしている世界の為)ま、そらそうだわな。拉致がテロだとして、それが行われていたのは過去の話で規模も小さい。間違いなくアメリカ人も拉致られているだろうけど外交上の問題は「テロ支援国家からテロ組織へ核ないし、毒ガス、ウィルス、細菌兵器等の大量破壊兵器が流れて世界平和、主にアメリカを脅かす可能性を未然に防ぐ」という観点なんだろうなーと。

そもそもヒルが北朝鮮穏健派なのは北朝鮮のレアメタル資源に目をつけてるアメリカ企業の意向を受けていると囁かれていた訳ですがー
North Korea Today - 米国首席代表・ヒル国務次官補の胸算用
その零戦用のジュラルミン(ESDエキストラ・スーパー・ジュラルミン)、KSマグネットを構成する素材原料を供給したのは朝鮮半島であった。朝鮮戦争ではKSマグネットを構成するタングステン産出地域を巡る戦闘が取り分け激戦であったことが知られ、それは米軍が東部戦線では38度線を越えていることで証明されている。金剛山一帯はタングステンとモリブデンの埋蔵地である。
ニッケルやコバルトも産出されるって話もありますよねー

そうであれば、企業側としてはもう少し軟着陸を狙う方がありがたかったに違いないと思います。
ここで改めて、無理矢理「テロ支援国家指定解除」っていうのは間違いなく裏があるわけで。
そもそも、テロ支援国家指定というのはブッシュ政権から使われ始めたわけで、アメリカが勝手に言ってるだけ。
ですが、もう少し関係国(六者協議の当事者国)との調整もあって当然なのにされなかった。

原因として考えられるのはー
1 次のアメリカの政権が北朝鮮に対して強硬路線を取る可能性がある。
2 金日成の健康が急速に悪化している、もしくは既に死んでる。
3 アメリカは北朝鮮との外交を正常化する必要がある。

1と2は置いといて。3なんですけど。
北朝鮮とアメリカが仲良くなると不愉快な国があるわけです。
日本もそうだし、韓国もそうでしょうけど、一番不愉快なのは間違いなく宗主国の「中国」。
今まで、北朝鮮とアメリカが近づきそうになる度に何度も妨害を入れてきていたわけで。

更に、北朝鮮と中国の距離が離れていることや、中国が北朝鮮をコントロール出来なくなっていることも近年報道されていて。

とうとう、アメリカが水面下で対中工作を始めたって感じなんじゃないでしょうか。
金正日後の北朝鮮――各国の本音(2007/3/12)
だから、中国にとって米朝関係改善は望ましいのだが、あまりに「改善し過ぎ」米朝が中朝よりも近い関係になっては困る。米国に近い統一国家が生まれる布石になりうるからだ。そこまでいかなくても、「親米的な北」が中国にとってうれしくない存在であるのは当然だ。
アメリカ的に考えたら国交正常化した後だったら如何様にでもなるっつー甘い考えな気がします。

とすれば、冷戦再び。大国同士での戦争はありえないですが、いずれどこかで軍事衝突が起きるのはー自明の理なわけで。
どこで起きるかっつったら日本か朝鮮半島か台湾しか…wで、冒頭の核配備についての言及なのです。
そも、日本の政治家でも「核配備」について言及する方が居ますがー日本が核配備とかそもそもナンセンス。もっている可能性、報復がある可能性があればそれが抑止力になるわけで。
(そもそも北朝鮮の核ミサイルの信頼性については長年議論の対象になってたわけで。うまく作動しないかもしれない、ものでも十二分に抑止力を発揮するわけです)
だから、戦争がまだ近くない時期であれば、適度に「このまま圧迫すると日本は核持っちゃうかもよ?」とか言っとけばそれで十分な外交カードになるのでしょう。
中国や韓国にとってというより、世界にとっては経済力とそれを裏付ける軍事力を持った日本というのは何より有り難くない存在であるわけで。
強力な軍備よりも、一発な核の発言力を特に信じているのは核保有国なのでしょう。

この後のシュミレーションとしては、
1 中国から北朝鮮への妨害工作
2 金日成の死亡報道

1は既に始まってると思います。
北朝鮮とシリアの関係を中国当局が指摘したりしてます。
アメリカは特にシリアに北朝鮮の各技術が流れているということが公になれば国民感情的に不味いはず。今後様々な形での妨害が予想されます。

2はーもし仮に、金日成が既に死亡しているとして、いつそれが報道されるのかと。
金日成が死亡すれば北朝鮮が崩壊すると言われています。
現時点で、北朝鮮が崩壊すれば、韓国に併合されるのではないのかなーと思うのですが、韓国は第二通貨危機と噂されているだけに今、北朝鮮崩壊→併合というのは経済的に考えて絶対に受け入れられない事態。
よくモデルにされるのはドイツ併合が上げられますがー、ドイツ併合のときは東ドイツ市民は西ドイツ市民のラジオ放送を聞いたりして比較的情勢に明るかったので併合もスムーズに行ったという例を挙げて、北朝鮮は強力な情報統制が行われているからひょっとして崩壊しないのかもしれないという意見もあります。
(北朝鮮では西側諸国のラジオを聴いてるだけで強制集所行き)

難民が韓国に流れたら韓国経済は死亡なわけで、今韓国に倒れられたら世界経済は更なる不況スパイラルに突入なわけで、なんとしても平和裏に解決したいというのがアメリカの意向なんじゃないかと。
そんな中空気の読めない人たちがww
空飛ぶ「紙爆弾」、北朝鮮軍も恐れるビラの威力(下) | Chosun Online | 朝鮮日報
 今月2日の会談で北朝鮮側がビラ問題について強硬な立場を明らかにして以降、政府も各団体に自制するよう要請したが、脱北者団体は「政府がわれわれを妨げる法的根拠はない」として対立している。パク代表ら韓国の対北民間団体の関係者は今月10日にも、北朝鮮の黄海道海州に近い舞衣島周辺の西海(黄海)海上から、金正日政権打倒を促すビラ10万枚余りを風船に吊り下げて北に飛ばした。
ということで、北朝鮮死亡で連鎖で韓国も瀕死、そこに中国から人民兵派兵で第二次朝鮮戦争勃発と。

もしくは、金日成死亡で後継者争いで内紛、それを鎮火する為に国連軍派兵と。

なったりして。






まぁ、全部妄想だけどねwww
あまりの妄想っぷりに自分でもイタいからトラバは撃たないで置こう…