いつの間にか自分のPCにインストールされていた非常にうんこなアプリケーション、『Windows Search 4.0』、外人風に言えばWindows Search Sucks.

インデックスを作るとか抜かしてハードディスクをガリガリやるわ、検索しようとすると「このフォルダにはインデックスがありません」とかでるわ、挙句の果てに検索方法がわからない、ので検索コンパニオン(黄色いアホ面の犬)を起動して検索と。存在の意味がわからない以上に不愉快でしかないアプリ。

普段は大人しくフォルダを右クリック→Windows Searchから検索コンパニオンを起動という流れを繰り返していたのだが、仕事が佳境に至るにつれてストレスゲージがググっとあがってきてぶち切れてGoogle先生に問い合わせて、無効化したので報告。

まず、普通にプログラムの追加と削除からやろうとすると「Windowsが不安定になるかもよ?」とか言う趣旨の警告がでる。舐めんな。勝手に入れておいて使いにくいから外そうとすると脅迫かよと。

とりあえず、始終HDDのインデックスを作るとかでゴリゴリ鳴らすのは止めたい。
これは簡単だった。

コントロールパネル→管理ツール→サービス→Windows Searchを停止した挙句「無効」に変更
更に、スタートボタン→プログラム→スタートアップに入ってる検索クライアントも削除してタスクトレイにあるプログラムも右クリックで終了

ここからがタチが悪いのが、通常の検索を検索コンパニオンにするところ。
マジでありえないのが、Windows Searchのクライアントから設定できないところ。Microsoftのコーディネーターはドアホだろ。ちょっとググればどれだけWindows Searchに対しての怨嗟の声が上がってるかわかる筈。っつーか自分で使ってるのかこれ。テスターとかどういう評価を下したのかw予算獲得できたからっていらねぇダムつくってんじゃねーぞ、ゴルァと。

悪態をついていてもしょうがないので スタートボタン→ファイル名を指定して実行→regeditと入力してok→[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Desktop Search\DS]のShowStartSearchBandの値を0にすれば検索コンパニオンがデフォルトになる。

いやマジで、これ何とかしようよ…Microsoft…