CSVをコントローラから作成してダウンロードするやり方は知ってたんだけど今回他のブログで簡単だ簡単だ!って言われてるのでCSVHelperを使ってみたら1時間ぐらい時間潰しちゃったのでムラムラきて書き留めておこうと思う

CSV Helper (PHP 5)
なんかえらく簡単そうだったんで何時もと違うやり方にしちゃったのが敗因か
何故かデータも上手く渡ってそうなのに表示されない
テンポラリにメモリのストリーム使ってるのでどっかのパーミッションに掛かってるのかと思ってもエラーログが出ない

うーん…と思ってテンポラリを試しにファイル出力してみるとばっちり入ってる
return $this->output($output);
となってるところを
print $output;
とやるとバッチリ出る(@_@)

ということで helper $this->output でぐぐってみたら

"AUTO_OUTPUT定数" フォーラム - CakePHP Users in Japan

どうやら

10章 ヘルパー
さらに、コアの config ファイル( /app/config/core.php )の中で、 AUTO_OUTPUT が true にセットされると、ヘルパーは値を返すのではなく、自動的にタグを出力するようになります。これは、ショートタグ () の使用やたくさんの echo() 呼び出しなどをビューコードに入れたくない、という人のために実装されました。 $return パラメータを使うと、コアの config の設定を強制的にオーバーライドすることができます。 AUTO_OUTPUT の設定にかかわりなく、HTML ヘルパーが HTML コードを返すようにしたければ、 $return を true に設定してください。
っつーか俺のcoreにAUTO_OUTPUTなんてねぇし!ってか勝手に出力されるのとか気持ち悪いし!

ってことでviewの方で
print $csv->render(true, 'sjis-win', 'utf-8');
ってやればおkでした

全然時間かかっちゃよ…orz