ドコモがソーシャルゲームに参入 大手ゲーム会社のソフトを直接配信へ - MSN産経ニュース
NTTドコモは早ければ11月にもソーシャルゲーム事業に参入する。10月中旬に発表する冬モデルの新機種から対応する。セガやバンダイナムコゲームスなど十数社のゲームがドコモの通販サイト「dマーケット」からダウンロードできるようになる。ドコモはdマーケットを、ゲームや音楽など様々なコンテンツを利用できるプラットフォームとし、通信事業と並ぶ収益の柱とする。

 ソーシャルゲームは、他の利用者とコミュニケーションを取りながら遊ぶゲーム。多くは無料で始められるが、ゲームで使うアイテムなどの有料課金により、運営側に高い収益が見込まれ、業界を主導するDeNA(ディー・エヌ・エー)やグリーは急成長を遂げている。
驚くほど周りが見えてない

僕が携帯の機体を作る仕事をしていた12年前
DoCoMoは業界随一のメーカーだった
恐らくそのころのDoCoMoは比喩表現ではなく世界一だっただろう、小さな機体で高機能
世界の携帯業界は日本の携帯に驚愕した

複雑なRFCの英文を読解する必要も無く、組み込むだけでブラウザやメーラーが実装できる
社内でもDoCoMoの機体を作るプロジェクトは人気が高かった

そして間違いなく、そこが、2000年が頂点だったのだろう

中途半端なCSS対応、Cookie不完全対応、高価な公式サイトの登録料、販売会社へのインセンティブ、DoCoMoIDという脆弱性
これら、全てDoCoMoが牽引してきた日本の閉じられた携帯社会は【ユーザーの高い携帯料金】に支えられていた

僕たちは不完全な携帯に縛られた世界で一方的に搾取される環境に閉じ込められていた
コンテンツ会社はDoCoMoの対応に四苦八苦した

そしてスマートフォンがやってきた、正に黒船
3G後半からSamsungが日本の携帯よりも薄く、日本の携帯よりも安い機体を出してきた
日本市場で苦境ながらも地道にシェアを伸ばしたSamsungはスマフォで一気にその技術を爆発させた
Samsungはその機体を日本以外の市場でも販売した

一方、日本企業はあくまで製造している携帯電話は日本の中での使用を想定して作っていた
今、日本の企業はSamsungと逆の立場で機体を作ってシェアを伸ばそうと頑張っている
再び首位を取り返す事ができるのだろうか、SHARPは苦境になり
どこの企業も利益の出ない携帯開発事業が重荷になりつつある

でも、そんな不完全な世界からようやく開放されたばかりでまだ携帯代金は高い
当たり前だ、安さで売っていたSoftbankとAUは、殿様商売をしていたDoCoMoが居ない新市場を開拓したのだ
商売敵が居ない世界で誰が安売りをするだろうか


まだDoCoMoは転換期に来ていない
AUはGreeと組んでシェアを伸ばした
DoCoMoは独自で展開するつもりらしい、きっと、Andoroid携帯にDoCoMoのアプリをプリインストールするつもりだろうwiモードアプリの利益を狙ってまた高額なマーケットを作るつもりだ
まったく見えてない、ユーザー数が多いSNSを取り込んだほうが立ち上がりも運営も押し付けられて楽なのに
今更、自社運営とかお前らは潰れかけの出会い業界かよwwwwwwwwwww


スマフォで構築された携帯市場が、再びユーザーに目を向けて安価で良質なサービスを展開するにはDoCoMoの参入が不可欠なのに
DoCoMoは目先の利益に目を奪われてソシャゲに参入するという

DoCoMoがやることはiPhoneを販売して、Xiを制限なしにしてLTEを高品質にするのが最優先
それが、その開放が今まで積み上げられたインセンティブの支払いや業界の仕来りに縛られて出来ないのであればDoCoMo死すべし
毎月5万人ずつMNPで流出しているのに、まだ自分の苦境を認められないその古い体質に原因がある
きっと、毎月5万人流出してもまだ6000万人います日本人口の半分です、とか、いやこの5万人はFomaの2回線で水増しした数ですから、とか内部でごまかし合ってるに違いない

そもそも、ここ数年のWebの進化についていけてなかったDoCoMoを支えていたのはユーザー
今こそDoCoMoユーザーはMNPで他キャリアに転出してDoCoMoを見限るべき
業界について行けない企業は斃れるべき、ユーザーはそれを支えるべきでは無い